Copyright(c) 2006 B.B.B.inc. All rights reserved.


同シリーズ作品紹介

≒森山大道
Copyright(c) 2004 B.B.B.inc. All rights reserved. アラーキーこと荒木経惟に「新しい写真の時代を作り出した男」と言わしめた写真家・森山大道。伝説の高速スナップ&ノーファインダー撮影、本人以外立ち入り禁止の暗室作業、初のデジタルカメラ撮影など貴重な映像を収める。
生真面目で不真面目な孤高の写真家に迫るドキュメンタリー作品。

≒会田誠 〜無気力大陸〜
次々と問題作を発表し、“取り扱い注意の作家”と称される美術家・会田誠。本作は会田が『「人」プロジェクト』や『新宿城』に取り組む姿を中心にプライベートも含め、これまでの足跡を加えた200時間以上に及ぶ映像を厳選して構成。創作活動の中から彼の人間像を描くドキュメンタリー作品。

≒舟越桂
クスノキを素材とした木彫の半身像に大理石の眼。ヴェネツィア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレ、ドクメンタIX、シドニー・ビエンナーレなどに参加し、その独自の存在感を持つ作品は、日本のみならず、海外でも高い評価を得ている。またベストセラー小説「永遠の仔」など、数多くの文学作品の表紙を飾る舟越桂の作品は、誰もが目にした事があるだろう。『≒舟越桂』は昨年はじまった裸像シリーズの新作の制作過程を中心に、彫刻家“舟越桂”を浮き彫りにする。「綿密な計算と偶然の調和」と「リアリズムから“舟越的リアリティ”の追求」により生まれる彼の作品は素朴で、暖かく、優しい。また、静かに遠くを見つめている眼差しが不可思議な魅力を宿す。様々な工夫に満ちたアトリエでの創作活動、回顧展、講演会、大学の授業、広告出演と多岐にわたるフィールド、作業中の口笛から合間のスポーツ中継・・・。カメラは“舟越桂”という彫刻家の姿と、彼がクスノキに命を吹き込む過程を丁寧に撮り続けた。

本サイトをご覧になられる際は、Macromedia FlashPlayerが必要です。左記のプラグインバナーをクリックして 最新のMacromedia FlashPlayerをインストールしてください。